SUBARU健康保険組合 太田記念病院

診療科紹介department

病理診断科

11月の外来診療担当表

全科の外来診療担当表はこちら

病理診断科紹介

病理診断科では患者様を直接診察し治療をすることはありません。しかし診断と治療方針の決定に関わる重要な業務(組織診、細胞診、病理解剖)を行います。内科医が聴診器、外科医がメス、内視鏡医が内視鏡を使って仕事をするように、病理診断科では顕微鏡が仕事道具です。当科では非常勤病理医4名、常勤検査技師5名(うち細胞検査士3名)が業務にあたっています。

組織診とは病変の一部を切り取り顕微鏡で拡大観察して病名を決める作業です。
胃カメラや大腸内視鏡で粘膜をつまんで切り取り、良性・悪性の判断をするのがその一例です。原則的に悪性疾患で手術を行う際には病理での確定診断がついていることが前提となります。

病理診断科紹介

手術で悪いところを切り取る際には、取り残しや病気の進行度などを調べて術後のフォローアップと追加治療の必要性を判断します。
手術中に病名の確定や切り取る範囲の決定のために組織診を行うこともあります(術中迅速診)。
細胞診とは痰や尿に含まれる細胞、あるいは病変部分をこすって細胞を採取し、良性・悪性の判定を行う作業です。
体を傷つけることなく容易に採れるサンプルを用いて診断を行える利点があります。
この検査は主に細胞検査士が担当し、悪性を疑う場合に病理医が最終判断を行います。
これらにより診断が確定し、後の治療方針が決定します。

病理解剖とは治療の甲斐なく亡くなられた患者様のご遺体をご遺族のご了解の上で解剖させていただくものです。
当院で行われた診断と治療が適切であったかどうかを確認し勉強させていただくために行います。
亡くなられた患者様ご自身にはあまりメリットはありませんが、当院の医療技術を向上させ次の患者様の治療に生かすために大事な機会となります。
患者様の死因をご遺族に納得していただけるメリットもあります。
このほか、院内でCPC(臨床病理カンファランス)を通じて医師の生涯教育の一翼を担っています。

病理診断科紹介

病理診断科は2008年4月から認められた新しい標榜科であり、医療の質の向上にはなくてはならない科です。
病理診断科のアクティビティの向上は、病院の質とアクティビティの向上に密接に関連しています。
実際、特定機能病院や地域がん診療連携拠点病院の指定には病理診断科の設置が必須とされています。
下に過去7年間の当院での病理診断件数をお示しいたします。

過去7年間の当院での病理診断件数

特色

2017年4月時点で常勤医は不在ですが、非常勤医により病理診断業務は毎日行なわれており、迅速診断、病理解剖にも対応しています。診断の困難な症例については、獨協医科大学で複数の病理専門医が十分に検討し報告いたします。

参考文献

担当医

  • 今井 康雄
    今井 康雄
    yasuo imai
    • 獨協医科大学病理診断学講座主任教授(前主任部長)
    • 日本病理学会病理専門医・指導医・学術評議員
    • 日本臨床細胞学会細胞診専門医
  • 杉原 志郎
    杉原 志郎
    shirou sugihara
    • 群馬県健康づくり財団病理検査センター長
    • 日本病理学会病理専門医・指導医・学術評議員
    • 日本臨床細胞学会細胞診専門医・評議員
  • 黒田 一
    黒田 一
    hajime kuroda
    • 獨協医科大学病理診断学講座教授
    • 日本病理学会病理専門医・指導医・学術評議員
    • 日本臨床細胞学会細胞診専門医・評議員
  • 金子有子
    金子 有子
    yuko kaneko
    • 獨協医科大学病理診断学講座助教
    • 日本臨床細胞学会細胞診専門医