SUBARU健康保険組合 太田記念病院

診療科・部署紹介department

医療安全管理部

医療安全管理部紹介

医療安全管理部では、院内の各部署と協働しながら安全・安心な医療となるよう日々努めています。(※下記「医療安全管理に関する考え方と組織」についてもご参照下さい。)

医療安全管理に関する考え方と組織

主な業務

医療安全管理部には、医療安全課と感染対策課の2つの課を設置し以下の業務を担っています。

医療安全課

  • 医療事故防止の取組み
    院内で発生しているインシデント・アクシデント事例を把握し、その情報を基に医療事故を未然に防ぐための対策を行っています。
  • 医療事故対応
    医療事故の発生時には、事故対応を行うとともに発生した医療事故の原因を究明し再発防止策の検討と再発予防に努めます。
  • 医療の質の向上と改善・患者様対応
    医療安全のための職員研修を実施します。(全員研修2回/年・層別研修等10回/程度)
    医療安全のためのマニュアル等整備や情報の提供、安全対策の周知・徹底を図ります。患者様相談窓口に寄せられた医療安全に関する苦情や相談への対応を行います。
  • 院内医療安全委員会等の開催
    医療安全の最高決定機関である院内医療安全委員会の事務局としてとりまとめを行うとともに関連会議等の開催や連携を図っています。

感染対策課

  • 院内感染の防止
    院内で発生している感染症や針刺し事故、人工呼吸器感染症、手術後感染症などの事例を把握し、その情報を基に感染拡大を未然に防ぐための対策を行っています。
    また、厚生労働省や保健所等に報告届出が必要なものについては報告届出を行っています。
  • 院内感染の対応
    感染症の発生時には、発生した感染症の経路や範囲など調査や分析を行うとともに病棟への助言など再発予防に努めます。
  • 医療の質の向上と改善・地域との連携
    標準予防策や手指衛生など感染対策のための職員研修を実施します。(全員研修2回/年・層別研修等10回/程度)
    感染対策のためのマニュアル整備や情報の提供、感染対策の周知・徹底を図ります。感染対策で協力関係にある地域のネットワークに参加し感染対策のさらなる推進を図ります。
  • 院内感染対策委員会等の開催
    感染対策の最高決定機関である院内感染対策委員会の事務局としてとりまとめを行うとともに関連会議等の開催や連携を図っています。