SUBARU健康保険組合 太田記念病院

診療科紹介department

心臓血管外科

11月の外来診療担当表

予約者のみ 加藤(全) PM 加藤(全) PM
山崎 PM
加藤(全) AM 加藤(全) AM 加藤(全) AM
大動脈瘤外来 AM

全科の外来診療担当表はこちら

心臓血管外科紹介

心臓血管外科紹介
専門性を重視し、
安全で確実な診断と治療を
行います。

当科で行われている代表的な手術治療は以下の如くです。

  • 冠動脈バイパス手術
    狭心症や心筋梗塞に対する冠動脈バイパス手術は、体に優しい手術として、人工心肺装置を使用しない、心臓を停止させない、心臓拍動下で行うことを基本方針としています。
    また、長期予後を重視して患者さま本人の動脈のみを使用してバイパスを行うことを原則としています。
  • 小切開手術
    弁膜症に対しては、生活の質を第一に考え、手術後なるべく、生活に制限を加えるような薬剤を服用しないで済む手術を行っています。
    人工弁置換を行うような場合には充分な説明をし、その患者さまに最も適した人工弁を選択しています。また、体への負担軽減を考えた、小切開手術(低侵襲心臓手術)にも取り組んでいます。
  • 不整脈の外科治療
    心房細動などの不整脈の外科治療も積極的に行っており、弁膜症の手術と同時に行い、術後抗凝固剤を服用しないで済むように心掛けています。
  • 大動脈疾患
    大動脈疾患にも積極的に対応しています。大動脈瘤に対しては、当院血管外科との協力体制が構築されており、患者さまの状態に合った治療法を検討して、大動脈ステント治療も行います。破裂すれば極めて死亡率の高い大動脈瘤の手術も安全に行っています。
    急性大動脈解離に対する緊急対応も積極的に行っており、安定した手技で手術を行っています。

特色

2012年6月の新病院オープンから、新チームを編成して、心臓・大血管手術を開始しました。成人の心臓および大動脈疾患に対する手術が対象になります。虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)、弁膜症、大動脈瘤、大動脈解離などに対する手術を専門とします。安全で質の向上を常に目指した手術を実践し、手術による体への負担軽減(低侵襲手術)を考えた手術を行います。

心臓・大血管に対する治療手段は多様化していますが、これに広く対応できる手術室(ハイブリット手術室)を備えており、さらに循環器内科との診療体制を強化し、循環器疾患の診断・治療に特化した心臓血管センターとして機能することで、患者さまにとって、安全かつ生活の質を重視した最良な手術法、治療法を提供します。

心臓血管外科紹介

その他

群馬県東毛地区で心臓・大血管手術が可能な病院としての役割を担っていきます。

2015年診療実績

大動脈瘤の低侵襲治療

心臓手術の低侵襲治療

担当医

  • 加藤 全功
    加藤 全功
    masanori katou
    部長
    • 日本外科学会外科専門医
    • 心臓血管外科専門医
    • 心臓血管外科修練指導者
  • 杉村 幸春
    杉村 幸春
    yukiharu sugimura
    医長
    • 日本外科学会外科専門医
    • 心臓血管外科専門医
    • 腹部ステントグラフト指導医
    • 日本周術期経食道心エコー認定医
    • 胸部ステントグラフト実施医
    • 日本血管外科学会認定血管内治療医
  • 山崎 信太郎
    山崎 信太郎
    shintarou yamazaki
    • 腹部ステントグラフト実施医
    • 胸部ステントグラフト実施医
  • 亀田 柚妃花
    亀田 柚妃花
    yuika kameda
  • 井上 凡
    井上 凡
    bon inoue
  • 外山 雅章
    外山 雅章
    masaaki toyama
    顧問
    • 亀田メディカルセンター
    • 心臓血管外科 顧問
    • 心臓血管外科修練指導者