SUBARU健康保険組合 太田記念病院

診療科紹介department

脳神経外科

11月の外来診療担当表

矢尾板 矢尾板 長野 長野 矢尾板 交替制
齋藤(太) 島内 齋藤(太)

全科の外来診療担当表はこちら

脳神経外科紹介

脳神経外科は脳卒中や頭部外傷、脳腫瘍など脳疾患の診療を担当しています。
脳卒中、頭部外傷などの脳神経外科疾患の多くが緊急の対応と診断、治療が要求されます。当科は救命救急センターと連携しあらゆる疾患に対し診断、検査、手術等迅速に対応します。
特に脳卒中については直通電話を医師が携帯し、救急隊、他の医療機関と直接対応し迅速な受け入れを行っています。

脳神経外科紹介

「脳卒中治療はスピードが命」と言われています。
脳梗塞超急性期、発症4.5時間以内であればt-PA静注療法の適応になる可能性がありますが、t-PA静注療法が無効な場合や使えない場合も多く見られます。その場合カテーテルによる脳血管内治療で血流を再開通させることができる可能性があります。
急性主幹動脈閉塞症に対する脳血管内治療の有効性は確立したと言えます。当科では患者さんの機能予後改善のため積極的に脳血管内治療(ステント型血栓回収機器、ペナンブラ)による再開通治療を行っています。
また、脳出血、くも膜下出血なども緊急的な対応、手術などが必要になることも多く、再出血などにより重症化する前に治療することが重要です。
当院では脳神経内科と連携し、365日24時間、脳神経の専門医が病院内に当直し、夜間も休日も専門的治療が迅速に開始できる姿勢を整えています。

脳神経外科紹介

我々の最大の使命は太田市、及び周辺地域の脳疾患の救急医療を担っていくことだと考えています。
突然の手足の麻痺や言語障害の出現、今まで経験したことがない突然の頭痛が生じた場合は、ぜひ救急車を呼ぶことをお勧めします。
脳腫瘍や慢性硬膜下血腫(軽微な頭部打撲後1~3ヶ月して生じます)など、徐々に症状が出現する疾患もあります。
月~土曜日の午前中に一般外来も行っていますので 心配な場合は一度受診をお勧めします。
持病などありかかりつけ医がいる場合は相談の上、必要に応じ紹介状を持参し受診して下さい。
脳腫瘍などの手術治療も積極的に行っていますが、当院では放射線治療に対応できないなどの状況もあり、群馬大学などと連携しながら治療を行うこともあります。

担当医

  • 矢尾板 裕之
    矢尾板 裕之
    hiroyuki yaoita
    主任部長
    • 日本脳神経外科学会専門医
  • 齋藤 太
    齋藤 太
    futoshi saito
    部長
    • 日本脳神経外科学会専門医
    • 日本脳卒中学会専門医
  • 長野 拓郎
    長野 拓郎
    takuro nagano
    部長
    • 日本脳神経外科学会専門医
    • 日本脳神経血管内治療学会専門医
    • 臨床研修プログラム責任者
  • 島内 寛也
    島内 寛也
    hiroya shimauchi